居抜き店舗を活用して成功した例をご紹介!

居抜き店舗の魅力と成功例をご紹介します!

居抜き店舗の有効活用法を教えます!

一言で居抜き店舗を表す言葉を選ぶならばこの言葉ではないでしょうか。理想を持って開業したけど何らかの理由で廃業してしまった店舗を再利用するのが居抜きという方法です。廃業した店舗は探してみると色々ありますので、上手くいけば「自分がやりたいお店像」に近い店舗を見つける事が出来るのです。

兵どもが夢の跡

突然ですが問題です、個人事業が1年以内に廃業する確率はどのぐらいかご存知ですか?実は大体約4割が開業1周年を待たずに廃業してしまっているのです。ちなみに2年以内で約5割、3年以内で約6割と半分以上のお店が3周年を迎える事が出来ないのです。廃業する原因は色々ありますが、一番の多い原因は「販売不振」で廃業に追い込まれるケースです。

これはお店を経営するための費用を超える程、売上を維持し続ける事が如何に難しいかを表しています。費用が売上を上回る事を赤字と言いますが、個人事業を黒字にするのは並大抵のことではないのです。また新規に事業を始めたばかりでは金融機関にも信用が無いので余り融資を受けられないという原因もあります。帳簿上黒字でも現金が無くなって倒産してしまうケースも沢山あります。

個人事業を開業する際には「現金」をなるべく温存する必要があるのです。希望や夢を抱いてお店を開業される事を決断される方は多いのですが、現実はとても厳しいのです。「自分の理想のお店」を夢見るあまりに店舗や内装に拘って資金をつぎ込んでしまって、倒産してしまっては本末転倒です。もちろんお店には雰囲気や内装も重要ですが一番大事なのは「倒産させない事」なのです。

そこでおすすめしたいのが居抜き店舗です。居抜き店舗とは倒産したり廃業をしたお店の設備や内装を、そのまま利用して新しい店舗として開業する方法です。一番のメリットは何といっても開業のための初期投資を安く抑える事が出来る点です。特に個人事業として新しくお店を開業する事を検討されている方には開業費用を安く抑える事が出来る居抜き店舗は魅力的ではないでしょうか。

おすすめリンク

費用を抑えて自分のお店を開業できる

居抜き店舗の最大の魅力が「初期投資を抑える事が出来る」という点です。先ほども書きましたが上手くすれば自分の求めるお店の雰囲気などに合った店舗を見つける事が出来ますので、理想をある程度追い求めながらも事業継続に大事な現金の支出を最小限にする事が出来るのです。

居抜き店舗で一番成功しやすいのが飲食業

居抜き店舗を一番活用しやすい業種を挙げるならば飲食業が最も向いています。飲食業を開業するには業務用の調理器具を始めとして、内装、什器など様々な道具や用品が必要になります。それらを全部新品で揃えるとかなりの金額になりますので、居抜き店舗を利用するとその費用を抑える事が出来るのです。