居抜き店舗の魅力と成功例をご紹介します!

>

居抜き店舗の有効活用法を教えます!

前任者が失敗したからといって

居抜き店舗とは前任者が失敗したからこそ生まれます。しかしだからといって必ずしも自分の事業でも失敗する店舗とは限らないのです。確かに前任者は見通しが甘かったでしょう。問題はなぜ前任者が事業に失敗したのかを分析する事が大切です。例えば立地が悪かった、店舗にお金を掛け過ぎた、経営がどんぶり勘定だった等々、色々な理由があります。

ではそれが自分が行おうとしている事業にも当てはまるかと言えば必ずしもそうではないのです。立地が悪かった例を挙げればその場所は高級フランス料理店には向かない場所だったかもしれません、しかしちょっとオシャレな雰囲気のカフェには向いている場所かもしれないのです。そうであれば高級感あふれる内装をそのまま使ってオシャレなカフェを開店することも出来るのです。

失敗例があるからこそ成功の道筋もわかる

前記のように失敗例を分析すると自分が行いたい事業には向いている居抜き店舗を見つける事が出来ます。むしろなぜ失敗したのかという前例があるからこそ、教訓を生かす事が出来るのです。経営分析は事業を行う上で必須の才能ですので、実際に事業を行う前に居抜き店舗の利用を考える事で予行練習が出来るのです。これは実際に開業した後でとても大切な財産になります。

個人事業を開業するという事は自分の人生を賭けた決断ですので、失敗は許されません。ぜひ失敗例という絶好の教材を参考にして成功の道筋を考えてゆきましょう。失敗とは悪い意味で捉えられがちですが、優秀な経営者の方こそ失敗例を大事にして次に活かそうとするのです。ぜひ皆さんも失敗を糧に成長できる優秀な経営者を目指しましょう。


この記事をシェアする